『ハマスホイとデンマーク絵画』展の事前勉強会

《海柘榴市(つばいち)の知るを楽しむ🕵️》

とびラー警士👮海柘榴市です🙇

昨日は、令和元年『良い三輪の日』(11月30日)朝🌅五泊六日の円山応挙・三輪の現地調査を無事に終え

都美の『ハマスホイとデンマーク絵画』展の事前勉強会へ🏃

①『身近な人物の肖像画』
②『風景画』
そして
③『静まりかえった室内画』

限られた主題を黙々と描いたデンマークを代表する画家

“北欧のフェルメール”とも評されるヴィルヘルム・ハマスホイ(1864-1916)の作品。

クリムトやユングと同じ年代のデンマークの画家。

海柘榴市の第一印象は、暗い色彩(落ち着いた色彩)と後ろ向きな人物?ちょっとね~✨

でも、東京都美術館の学芸員 高城靖之さんの後ろ向きの人物の構図は鑑賞者と共に作品を観る意味があるとか・・・フムフム🕵️

“デンマーク絵画の黄金期”の素朴で純粋な絵画。印象派風の光の描写を取り入れたスケーイン派。世紀末の首都で活躍した画家たちの作品。

多くの戦乱を生き抜いたデンマーク文化“ヒュゲ”🕵️

“ヒュゲ”とは、デンマーク人が大切にしている時間の過ごし方や心の持ち方を表す言葉。

日本は物質的に豊かで治安もよく世界的にみると恵まれている環境なのに「今とても幸せだ!」と自信をもって答えられる人はどれだけいるでしょうか?

幸福度が高いデンマークの「ヒュゲ」の文化を絵から学ぶ・・・海柘榴市の『吾只足知+α』ともつながる幸福感かも🕵️

聞く力を育て👂知るを楽しむ事は、人生100時代フロー長寿🌅の秘訣です😄

🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱

《東京展》東京都美術館

会期:2020年1月21日(火)〜3月26日(木)

《山口展》山口県立美術館

会期:2020年4月7日(火)〜6月7日(日)

🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱